会社員をしながら副業をする上で大切にしたい5つのルール

副業をするには?

副業をしている人は、ある調査によると5人に1人と言われています。これまで副業に挑戦しようとしてみたけど、難しい、中々時間がなかった、という方も多くいらっしゃるかと思います。今年こそはと思いながらまた年末が近づいていく。これは副業のみならず年始に立てた目標に共通する事かもしれません。

大切な事は、会社に依存せず、自分自身で稼ぐスキルを身につけておく事。難しく、高度なスキルが必要と思われがちですが、ここで大事な事は心構えや、戦略といったところも大きいです。

ここでは、副業をするにあたっての心構えを紹介します(少々現実味が高いルールになっております)。

5つのルール

1 すぐに結果は出ない

副業には色々な始め方がありますが、この記事に辿り着いた方はおそらく、意識的に副業を始めたい!と思われた方がほとんどではないでしょうか。「たまたま意識せずにやってたらそれが結果として副業になっていた」という人もいますが、意識的に始める時にはすぐに結果は出ない事は認識しておいたほうがいいかもしれません。

世の中には「簡単ですぐに儲かる!」「楽してクリックだけで●万円!」というような広告も多く見かけますが、そうそう甘くはありません。何事においてもそうですが、やはり結果を出すにはある一定の時間は必要です。営業でもデザイナーでもバックエンド業務でも、コツコツと継続することは基本のスタンスです。

2 得意な事で勝負する

私たちも数え切れない程の事にチャレンジしました。しかしやりたい事・好きな事を実現するには、労力もかかります。それが本当に成し遂げたい事であれば自然と長続きはしますが、本業が忙しく日々疲れが溜まってくると、大体のことはおろそかになりがちです。

好きという感情も当然大切なのですが、まず「得意なことで勝負」することも大切です。得意なことと言えば、言い換えればあなたが今本業で給料を得ている仕事そのものです。その仕事をして報酬を得ているわけですから。ただし、会社という組織は、会社の看板や作り上げている仕組みで売上を作っているものですので、自分ごとに細分化して落とし込む必要があります。

比較的デザイナーのような方であれば仕事のイメージがつきやすいのですが、例えば、B to B の求人広告営業をしている場合

求人広告は、母体となるブランドがある程度の応募者を担保できるプラットフォームのため、会社の仕組みによるところが大きいです。そのモデルをそのまま切り出して副業とするには、いささか大変かもしれません。(代理店として商品を売る場合は別ですが)

しかし、一言に求人広告の営業といってもその業務は多岐に渡ります。新規営業(テレアポ・飛び込み・ポスティング…)、アポ調整、営業面談、クロージング、資料作成。クライアントのためなら何でもしてあげたいという熱意(求人領域以外でのサポート)など。その中でも特に、周りから得意と言われることや褒められること。クライアントが喜んでくれたこと。そこにあなたの「得意」があります。大きく見ると、個人で副業をするのは難しい業種に見えても、細分化して考えるとあなたの武器がきっと見つかります。

3 時間がないと言わない

そして、時間がない・忙しいという言葉は使わない事に尽きます。本当に時間がない、という状態は自分自身で作り出しているケースがほとんど。当然様々なケースはあると思いますが、副業をするためには時間は作り出さなければいけません。

✔︎今の業務を効率化するにはどうすればいいのか

✔︎自分が実現したい生活を実現するにはどうすればいいのか

✔︎今生活の中でやっていることをどこか置き換えれないか

✔︎その作業は本当に必要なのか(その資料作成は必要なのか…etc)

を常に自問自答して時間を捻出することが大切です。

4 未来をイメージして目標を設定する

物事を続けるには、何事も根気がいります。

そのために毎日の習慣にする必要があります。楽しいことばかりではありません。眠たい時も疲れている時もやはり毎日コツコツと続けることが大切です。そこで、目標を掲げると同時に楽しい未来をイメージします。特に大きい目標から逆算することが大切です。

例えば、将来自分の好きなものを買いたい!という時。そのためにはまずお金を稼がなければいけません。このような場合は目的が明確なので、例えば欲しいものが100万円だった場合。2年後に購入したいとなった時に今日から逆算すると24ヶ月あります。単純に計算すると、100÷24月 = 4.1万円/月稼げば良い計算になります。1年だと100÷12ヶ月=8.3万円。

最初から収入が一定してないケースもあると思うので、1年下準備をして2年目から毎月8万円弱利益を出すことが出来れば良いという目標ができます。(そうすれば自分の欲しいものが2年で買える!)など、楽しい未来を想像して目標を設定してみます。

5 まずやってみる

まずは、1にも2にも行動あるのみです。最初は粗くても大丈夫。やり始めたことが習慣づいてくると、もっとこうした方がいいな、とか効率的な方法が分かってきます。そもそも何をやろうか考えている人はまず、自分の得意な分野を決める。決めたら、クラウドソーシングに登録したり、知り合いに発信したり、ブログを書くなど色々と手探りでもやって見ることが大切です。

▼こちらも参考にしてみてください。

記事:今日から始められる副業ツール

副業をするという事

これからの時代は1社の会社だけに依存する事がどれだけ幅を狭めるか、といった見方もしておかなければなりません。昔のように年功序列の組織で出世を目指す!といった事も生き方として当然あります。ただし、個人やベンチャーが容易に業界構造を覆す時代が到来しつつあります。メガバンクも大規模なリストラを行なっている最中、絶対安心のような言葉はどこにもありません。

副業でも何でも構わないのですが、自らの肩書きを増やしておく事はとても大切です。副業に取り組むのは、自分の生き方を自分でデザインし、ワクワクする生き方を叶えるためにうってつけの手段だと思います。