仕事で営業が取れない?起業・副業の悩みを解決するアイデア

営業が取れない原因は?

営業のコツやノウハウ、誰に営業をするのか?などの方法論というのは、書籍やWEBなどに多く掲載されています。しかし、それ通りにやっているにも関わらず営業が取れないということはよくあります。

営業が取れない根本的な原因を考えていくとともに、どうすれば営業が取れるかを考えていきましょう。

 

そもそも営業とは?

営業とは何でしょう?あなたなら何と答えますか?

私は営業は「人の悩みを解決するための方法を提供すること」と答えます。人それぞれに営業の概念が違うかもしれませんが、ここでは私の考える営業というものをご紹介させて頂きます。色々と揉まれてきた人間の一意見として、参考にして頂ければと思います。

営業は一般論で言うと、「人にものやサービスを販売する」ということになります。これが大きな間違いに繋がることも多いので要注意です。単純に人にものやサービスを販売するということを押し付けても成立しないからです。

人がモノやサービスを買うときに考えることは、これは買う価値があるだろうか、この人は安心できるか、ということです。つまり、双方合意の上、お金とモノやサービスが引き換えられるわけです。等価交換ですね。

 

営業のスタンス

では、どのように営業を行えば良いのでしょうか。先ほどの考え方をまとめると、営業は双方合意の上で成り立つという考え方です。

その場合、こちらは販売したいわけですが、お客様からすればそれが欲しいものなのかはわかりません。

ということで、まずはお客様にヒアリングを行います。ヒアリングを徹底的に行うことでお客様の悩み、何を考えているのか、何を目指しているのか、どんな家庭なのかなどがわかります。そして、こちらとしては話を聞いて誠意を持って解決策を提示してあげるのです。

商品をいつ販売提供するのかということですが、お客様に価値を提供するんです。それが恋愛の悩み相談であっても、家庭の問題であっても構いません。その時間に価値を感じるかどうか、信頼できるかどうかが重要になります。

 

営業は取るのではなく、向こうから来る

相手を選ぶ必要がありますが、この信頼関係を作ってしまえばあとは簡単です。もしあなたの商品が必要となれば、選ばれるし、必要なければ選ばれないでしょう。もしこの方法で営業が取れないようであれば、商品やスキルに問題があります。

 

根性で無理やり営業するのはやめましょう

商品やサービスに問題があって、無理やり営業を取ったとしても最終的に残るのは不満です。この不満が広がっていったとしたら、どんどん信頼が落ちていきます。この信頼こそがあなたの将来であり、価値なんです。だから、営業をして取れないなら、誰にも断られないようなオファーを作りましょう。