【コラム】起業・副業に必要な要素と、具体的に行動する方法

起業・副業で必要なこと

起業・副業に必要な要素について、書いてみたいと思います。私自身、起業・副業どちらも体験をしておりますが、まず重要なのは「何をやるか」という目標です。実は、この目標設定がうまくできていない人が多いのではないかと思います。

何をやるのか?を考えるときに、「これをやれば絶対儲かるから」「好きなことを仕事にしたい」「新しい分野に挑戦してみたい」「恩返しができる」など、何でも良いと思います。行動するためには、理由があるはずです。この理由と方向性をきっちりと決めることで、行動が伴います。

人にバカにされようと、理解されないようなことだとしても、考え切って理由があるなら、十分に行動の動機になると思います。ブルーオーシャンでもレッドオーシャンでも、正直言って市場は関係ないと思います。思いつきでもしっくりくるなら良いと思います。ニーズがなければ作り出すという独自の理論でスタートしても良いと思います。大事なのは、なぜやるか、何をやるかということだと思います。

 

起業・副業をスタートさせるためのマインド

私自身、マインドという言葉はあまり好きな言葉ではないのですが、もし先に進めないという人へ声をかけるとすれば、「覚悟を決めて自分の殻をどれだけ破れるか」ということだと思います。率直に言えば、バカになれるかです。笑

目標は、おそらく今まで自分が体験したことのない世界です。だからこそ目標になると思いますし、そこに行きたいとどれだけ強く思うかです。そのための具体的な方法を検討していくのです。どんなに実現が難しい方法でも、考えただけで諦めるのか、実際に行動できるかで変わってきます。お金がなければ調達すれば良いのです。

  • プランA:〜をするために、国に働きかけて助成金を貰ってシステムを開発する
  • プランB:〜をするために、大企業の社長にプレゼンして出資してもらう
  • プランC:〜をするために、やりたいことを後回しにしてとにかく儲かる仕事をしてお金を貯める

このような箇条書きでも立派な事業計画です。具体的な数字は?みたいな細かいことは置いておいて、何をするか決めてとにかく働きかけることです。国に働きかけるのであれば、国の担当者に電話すれば良いですし、直談判しに行ってもいいかもしれません。知り合いに、役所の人間がいないか調べることもできます。

 

細かいことは気にせずとにかく行動

この無謀とも言えるアウトプットを続けることで奇跡が起こることがあります。もちろん、計画通りに行けば良いのですが、一部上場会社でも事業計画通りにいっている会社を見たことがありません。計画は計画、現実はどれだけ前に進むことができるかだと思います。やると思った時にやる!とりあえず動いてみる!ということを実践してみてはいかがでしょうか。