仕事は身体が資本!すぐにできる体調管理の方法5選

身体は資本!仕事における体調管理の重要さ

何事にも身体が資本!というのも、私自身、無理をしすぎて体調をよく壊しており、仕事がうまく進まなかった時期があります。体調を壊すといろんな人に迷惑をかけてしまいますし、仕事も進まなくなります。

当たり前のことですが、やはり体調管理は大事!と気づき、簡単にケアできる方法を調べたのですが、その時に調べた方法は現在でも役にたっています。

ということで、今回は、私が実際に試してみて効果のある体調管理の方法をご紹介したいと思います。

 

睡眠

まずは十分な睡眠をとることです。約8時間は寝るようにしましょう。飲み会で朝になったり、徹夜することもあるかもしれませんが、それ以外の通常運転時は、8時間ほど睡眠をとることで、精神的にも体力的にもパワーが回復しますので、パフォーマンスが上がります。

短い時間で集中して仕事ができる環境を最も簡単に作る方法は睡眠。睡眠の質をあげるアイテムもたくさん販売されていますので、ぜひ意識を上げてみて下さい。

 

身体の酸化を抑える

「身体がサビる」ということを知っていますか?身体が酸化することをサビると表現することがあるのですが、身体が酸化すると免疫力が低下します。身体の酸化の理由は活性酸素がたまることが主な原因です。

この活性酸素は、過食、タバコ、アルコール、有酸素運動、呼吸まで、生きていく上でのありとあらゆる行動により発生します。この活性酸素を除去する簡単な方法があります。

それは、1日1個の梅干しを食べること。要はクエン酸を取るということなのですが、私は、疲れを感じた時や、小腹が空いた時には、はちみつ梅を食べるようにしています。これが不思議と効きます。ぜひ、試してみて下さい。

 

ストレス対処

ストレスがたまると「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。副腎皮質ホルモンは抗ストレスホルモンと言い換えても良いでしょう。このストレスと戦うために出るホルモンは大量のビタミンCを使って作られます。

という訳で、極論、ビタミンCが足りなくなると、ストレスがたまり続けるということも考えられます。ビタミンCは身体の酸化を抑える作用もありますので、ビタミンCを積極的に取るようにしましょう。

オレンジジュースを飲んだり、レモンをかけたり、ビタミンCの摂取方法は様々ありますので、打ち合わせのコーヒーをオレンジジュースに変えたり、柑橘類のデザートを食べたり、常に意識して摂取しましょう。

私は毎日ビタミンCの錠剤を飲んでいますが、これは医学的に効果があるかはわかりませんので、参考までに。

 

身体を温める

風邪をひかない身体作りに置いて、体温は非常に重要です。人間の身体は36.5度ぐらいになるよう設定されていて、この体温には非常に重要な意味があります。この体温が1度下がると、免疫力が30%下がると言われていますし、ガンが最も成長しやすい温度は35度と言われています。

特に冬場は、身体が冷え切ってしまっていることも多いと思います。これを解決するためには、湯船に浸かって暖かい環境で寝ること。これに尽きると思います。どちらもストレス緩和効果がありますので、ストレスにも効きますね。

 

運動する

運動をすると、ストレス解消にもなりますし、新陳代謝が上がり、体温も免疫力も上がります。筋肉をつけることで、太りにくくもなるし、動くこと自体で右脳も活発に動くようになる。運動は身体と精神の健康に外せない要素だと思います。

私の場合は、ジムでプールで20〜30分泳いで、ジムのお風呂にゆっくり浸かって帰る。ということを続けています。お金はかかりますが、最高の自己投資だと思っています。あと、プールって、消費カロリーの効率が一番良いみたいですよ。かなり効率的に小太りも解消できます。笑

 

遊ぶ

ワクワクするような体験や、旅行、ゲーム、友達と飲みに行く、など心が満たされるような遊びをしましょう。精神的に疲れていると感じている方におすすめです。

もうダメだ・・・みたいな感じで弱気になっているとき、本能的に自分が壊れてしまうと感じる時、そんな日は思い切って早めに仕事を切り上げてパーッと遊んじゃいましょう。小さなことは気にせず、「私の人生は私のものだから」ぐらいの気持ちで楽しめば良いと思います。

 

最後に

少し、家庭の医学的な部分にも触れましたが、悩みは人それぞれだと思います。何か自分に当てはまるものがあれば、改めてそれらをよく調べて頂き、参考までに活用頂ければと思います。