【保存版】起業・副業を始めるために!自分の強みを洗い出して仕事にする方法

起業したい!副業したい!という目標があっても実行に移すのはなかなか難しいものです。そもそも、自分の好きなことで取り組みたい、と思っても中々うまくいかず、本業が忙しくてできないと言ったことも多いのではないでしょうか。そこで、今回は自分の強み・弱みを洗い出し、取り組む分野を決める方法を紹介します。

強み・弱みを洗い出す手順まとめ

1 ノートを用意する

まず、自分の思いを文字にするため、ノートを用意します!普段はデジタル派の人も発想力を豊かにするため、ここでは「書くスペース」と「書く」という手段を用意しましょう。ノートが用意できたら具体的な作業に移ります。

2 やりたい(好きな)ことを書き出す

これまで、自分がやりたいと思っていたこと、アイデアをあっためていたものをとにかく書き出します。目標は100個!ですが、思いついた数だけで構いません。ここではワクワクしながら書き出していきます。楽しんでこの作業をおこなってください。

3 これまでの自分の経歴を書き出す

次に、自分のこれまでの経歴を書きます。小さい頃はなにが好きだったのか、と言ったところから学生の時は部活で何をやったのか、社会人になってからはどこの会社で何をやってきたのか、を箇条書きでもなんでも良いので書き出します。

例)

1990年生まれ・・・

1997年 小学校入学

小学校では動物クラブに、サッカー部として活動していた

2013年 大学入学

ラクロス部で地区大会優勝

バイトの居酒屋では接客コンクール2位・・・

4 経歴の中から得意を見つける

経歴を洗い出せたら、ざっと眺めてみます。その中で、人からすごい!と言われたものに印をつけておきます。また、そのような要素が入っていなかった場合には、これまで「人に褒められたこと」「人からすごいと言われたこと」を追加で書き出します。ここで重要なことは、「人から」というところです。自分自身では「こんな事強みになるのかな?」と思う事であっても、他の人からみて「すごい!」となることがあなたの強みになります。何でもいいのでここでも書き出しておきましょう。

5 やりたいことを精査する

2で洗い出した強みを眺めてみて、先ほど洗い出した「人から言われるすごい!リスト」を見て、その強みが活かせそうなものにチェックします。ここでは特に数に制限はありません。思いのままにマークしましょう。

6 「仕事」へと昇華させる

さて、ここまで洗い出してきたものをまとめる作業に入ります。おそらく、それぞれが独立してそれ自体では意味をなさないと思いますが、組み合わせることで意味付けをします。

例えば、

■やりたい(好き)

・旅行

・サッカー

・話すこと

■すごいと言われること

・逆立ちが上手

・相手の気持ちを取り組むのがうまい

・チラシ作りをした時があって、デザインセンスがあると言われた

少し極端な例ではありますが、上記のような例で行くと、下記のような職業を作り出すことができます。

・地域のサッカーチーム専門のチラシ作成デザイナー

・サッカー好きの友達専門の旅行プランニング代理店

・逆立ち教室

などなど・・・

ポイントは自分の好きと得意を掛け合わせて客観性(ニーズ)を持たせること。

 

まとめ

いざ強みを見つける、というと難しいイメージがありますが、ワクワクしながら自分が活躍できる姿が想像できることが大切です。自分の中でまとめて見たら、周りの友達にも聞いて見ましょう。「こういうアイデアどうかな?」という意見を発信することで、何かしらのフィードバックが帰ってくるかもしれません。

>自分の強み発見シートはこちら